#まだまだマダムをフォローする

伝わる英語のトレーニング ②  はじめに発音ありき

英会話トレーニング
この記事は約9分で読めます。

英語上達のための独学で学ぶ、7つのポイント`

 

基礎固めには、どんなことが必要なのか

7つのポイントを見てみましょう。

 

基礎を築き上げるのに、インターネットを使って学ぶのは、手っ取り早いです。

昨今は、色々と使いやすい英語のプログラムがあります。

(これから提示する情報は、インターネットの海原を泳ぐための浮き輪の様なものです。)

1 発音とリズム、リエゾーンの基本を習得する

伝わる英語を習得するためには、抑揚やリズムにしっかりメリハリを つけるのがコツです。

 

英語の音と日本語のそれぞれの音の違いを理解し、子音の発音の仕方に注目し、一音一音に母音を残さない様に気をつけるのがまずスタートで一番大事です。

フォニックスの本やインターネットのウェブサイト・YouTube には、この辺りの説明がたくさんあります。

母音の数だけ比べても、日本語が5つなのに対して、英語は12個あります。子音の数は日本語の
20個に対して英語は24個あります。従い、このちょっとした違いに注意をする必要があります。

Phonemic Chart | Pronunciation | EnglishClub

例えば、英語の『and』を発音するとき、くれぐれも「アンド」とは言わない様にしてください。
むしろ『アン』で終わりにしてください。

日本語で「それから」と言う様なつもりで、文章のつなぎに「and」を入れる場合が日本人には多々ありますが、それさえも、「アン」と言っておけば問題はないです。

あくまでも、「アンド」ではありません。
貴方は 単語の一つ一つをきちんと読もうとしていませんか。
自分の知ってる言葉だけを一生けんめい聞き取ろうとしていませんか。

文章の強弱、つまり文章のどこに重きを置いて話しているのかを理解する必要があります。

要するに、英語のリズムを理解する必要です。

  • リズムを意識して英語を聞いていますか。
  • だらだらと聞こうとするのではなく、強弱のかたまりを意識して英語を聞いて、
    口に出していますか。

また、日本語でも一言一言はっきりと発音をするのではなく、普通に自然に流暢にしゃべって
いると文章や言葉のあちこちが言葉の前後とつながったりしますね。

それと似た様に、英語にもリエゾーン と言って、言葉がつながったり、消えたりする場合
がよくあります。

言葉の一つ一つにも音節により強弱があり、文章にも強弱があって、名詞や動詞、それに自分が強調したい所に強いリズムが置かれます。

例えば、 ”This is a doll.”  と言う文があるとします。
1・2 『いち ・ に』 『いち ・ に』と右手と左手でリズムをとってみてください。
そして、「This is a doll.」 と言う文章を声に出すときには、「This ① ・・・ doll.②」とリズムを取ってみてください。
真ん中は、くっついて、ざくっと流します。従い、「Thi① siza doll②. 」強 弱 強となります。
これがリズムとリエゾーンです。

2 基本の文章の理解 (中学・高校の文法程度)

主語、動詞、それから形容詞と副詞、そして前置詞などの位置

最初は、文章のパターンを理解しましょう。

① 主語 + 動詞                 I eat (fast.)

② 主語 + 動詞 + 目的語                     I like dogs.

③ 主語 + 動詞 + 形容詞                      That dog is cute. She is happy.

④ 主語 + 動詞 + 目的語1 + 目的語2   I  game her a book.

⑤ 主語 + 動詞 + 目的語 + 修飾語    They play games very well.

以下のサイトには、中学英語の文法や学習サイトの情報が載っています。

英文法
中学校英語には不定詞、動名詞、現在完了、...

3 文章のパターンの置き換えと語彙

    「文章パターンの置き換え」

    「肯定文、否定文、疑問文の置き換え」 

これをする事で、文章を全部 覚える必要はなくなります。

  <  練習  >

This is a beautiful flower.

This is not a beautiful flower.

     Is this a beautiful flower?

                Yes, it is (a beautiful flower.)

             No, it is not (a beautiful flower.)

     What is it?

                It is a beautiful flower.

    <上記の "flower" の単語を 自分の好きな言葉で置き換えて練習する。>
             例えば、book, dog, cat, boat など 
     I am happy.

     Are you happy?

     Yes, I am happy.

     No, I am not happy.

     I was sad.

     I wasn’t sad.

     Were you sad?

     Yes, I was.

     No, I wan’t.

    <上記の "happy やsad"の単語を自分の言いたい形容詞で置き換えて練習する。>

     例えば、tall, short, tired, hot, cold, Japanese,  など 

4 5W 1H (疑問文の練習)

 

       What      Where When  Who    Why   How

       何が        どこで       いつ      だれが      なぜ        どう

              How are you?    I'm great. Thank you.

              How about you?    ( How are you doing?)

  •  What happened?
  •  Where did it happen?
  •  When did it happen?
  •  Who was there?
  •  Why did it happen?
  •  How did it happen?

 

5 <語彙とフレーズ­­­­­­­­­>

語彙は、会話をするには最低必要です。何回も目にすることで身につける様にしましょう。

耳から聞いて覚えるのが得意な人、目から見て書いて覚えるのが得意な人など色々なタイプの人が
います。

単語も、例文と一緒に、「読んで、書いて、聞いて」覚えることが大切です。
目、耳、口、手、脳を使う全身トレーニングになるからです。一つ一つを自分の身体に
落とし込んで見ましょう。

10個から初めて、100個、200個と、500個、1000個と徐々に2000ぐらいまで増やして行くのです。
2,000個あれば、日常の会話に不自由はしません。この程度の語彙があれば日常会話の80%は
カバーできると言われています。それ以上は、分からなければ、聞けば良いのです。それが会話の
一部でもあるのです。

必要な名詞や動詞、主語にあたる相手方の人称の違いの理解など、
身近なところから始めましょう。

例えば;

―毎日使う台所の言葉から増やして行く

―自分の部屋や寝室から

ー形容詞を使って肉付けをして行く

―動詞の動作は、日常使う言葉や身の回りの行動から

フレーズ(慣用句)と英単語強化でスピーキングとヒヤリングの上達
簡単な言い回しを習得する

以下のサイトは、単語やフレーズ、簡単な文章をクイズ形式で毎日少しずつ覚えるのに
適したサイトです。
Learn a language for free
Learn languages by playing a game. It's 100% free, fun, and scientifically proven to work.

6 自分のレベルにあった英語のサイトを練習に利用する。

この以下のサイトは、登録をすると毎日一つの単語から例文とともに練習できます。

また、日常の語彙や会話なども、レベルに合わせて初級のレベルから中級へと徐々に積み重ねが
できるサイトです。

必要に応じて、オンラインの指導者付きのレベルもオファーされています。

Learn English Online - EnglishClass101
The fastest, easiest, and most fun way to learn English and American culture. Start speaking English in minutes with audio and video lessons, audio dictionary, ...

その他お勧めなのは;
・ネットフリックすなどで、アニメを字幕付きで見て聞く。(見て、聞いて、口に出して繰り返す)

・必要なら聞き取りやディクテーションなどをして、それらを繰り返してみる。

7 自分のことや周りの事を英語で表現する練習をする。

 

     *自分のことを紹介する
*家族のことを紹介する
*自分の好きなことを話す
*自分の出身地の話をする
*仕事の話をする

家族の世話も大変だし、仕事をしていると残業や出張とかで忙しい。

 

でもこれからの私は、英語ができると絶対いいなと思う。

*海外旅行で現地の人たちと話したいし、買い物もスムーズにしたい。

*仕事でも英語が出来ると未来の可能性が広がる。

*子供たちの英語教育のためにも、親が英語が話せると、あの子らのモーチべーションも
上がるはず。

今では、世界の人たちが話している英語

みんなができるのに、私にもできないはずがない!!

************************

高校や大学受験で必死に覚えた単語や文章、きっと記憶のどこかに残っているはずです。
まずは、英語と日本語の発音と、リズムの違いを理解して練習しましょう。
リズムをふまえて、声に出して見ましょう。(リズムは強弱です。)
さらに、文法を軸としたパターンにすでに知ってる単語を入れて見て、繰り返してみる事です。ただし、ただ繰り返すのでは発展がないので、簡単な文章に入れて見て、順次置き換えて頭に入れて行くのです。

ここは、野球の素振りやテニスのフォワードやバックの打ち方の練習、サーブのテクニックのように、身体と五感で覚えていくのは同じです。

習い事でもそうですね。最初に基本を習わないと次のステップには行けないですよね。

これらの練習なくて、スポーツや習い事がうまくならないのと同じで、今から英語を習得しようと思えば、言葉が身体になじむようなトレーニングをする必要があります。

そして、日本語がコミュニケーションのツールであるように、英語もコミュニケーションのツールです。使わなければ宝の持ち腐れです。

お互いの考えや気持ちを交換して互いの考えを理解して、分かり合えるようになるのが、目的です。

お互いに質問をするのが当たり前ですし、一人でベラベラしゃべる必要もありません。ボールをこちらから打ったら、相手からも打ち返して来ます。そしたら、また打ち返します。

言うことに詰まってしまったら、相手に疑問文を使って聞いてみましょう。

ただ、ボールはお互いにコートのラインの中に返すのがルールです。そのあたりのわきまえを心得る事ができるようになるのが大切です。
コートの中に入れるルール、それが、文法や一定の発音、リズムです。

自分が何を言いたいのか、日本語でもはっきりしていないと英語では言えないことは当然ですね。

ニコニコとつくろい笑いをしても通じません。言葉に出してはじめて通じるのです。以心伝心??ここらへんも長い付き合いをしても怪しいものです。

急がば回れです。

************************

Learn English Online - EnglishClass101
The fastest, easiest, and most fun way to learn English and American culture. Start speaking English in minutes with audio and video lessons, audio dictionary, ...