#まだまだマダムをフォローする

東日本大震災から10年:何気ない1日を突然襲た悪夢と光景!(その1)       

コラム・活動
奇跡の一本松・陸前高田
この記事は約4分で読めます。

 

あの日どこにいたのか覚えていますか。

異国にいても忘れられない非日常的な脅威の災害

東日本大震災から10年になります。2011年3月11日、東日本を未曽有の大地震が襲いました。

地震は津波を引き起こし、海水が巨大なアメーバーのように街を飲み込んで家々を押しつぶし海の底へと押し流し、人々から大事なものを奪い去ってしまったのです。

 

 

その光景はいまも私たちの記憶にとどまったまま離れることはありません。

今年は、10周忌の年ですが、被災者の人々の心の傷は深く残っているのです。

今日、2021年3月11日付のトロントの新聞には、カナダの日本大使館総領事が十回忌の追悼の意を表すメッセージが掲載されていました。

「ありがとう Thank you.  Merci」と題して自然災害時に日本に対して援助をもらった事を感謝すると共に、相互援助を念頭に恩送りする旨のメッセージでした。

 

 

あの日私は・・・

あの災害の起こった日、

私は、カナダ国内のモントリオールへ出張に行く為に、トロントの空港で飛行機を待っていました。

何気なく見上げたテレビのスクリーンに」仙台空港が水浸しになる状況が映し出されていたのです。

しばらくは、何が起こっているのか、見当もつかなかったのですが、徐々にニュースから地震と津波の発生とその余震の様子が伝わって来ました。

一夜開けると避難者達の様子が映像となって伝えられて来て、驚きと悲しみに襲われました。

それからの1週間と言うもの、毎晩の様にテレビの前に釘付けになって、事の深刻さに言葉もなく、東北地方の被害の様子をただ呆然と見ていました。

 

しばらくは、何が起こっているのか、見当もつかなかったのですが、徐々にニュースから地震と津波の発生とその余震の様子が伝わって来ました。

 

一夜開けると避難者達の様子が映像となって伝えられて来て、それからの1週間と言うもの、毎晩の様にテレビの前に釘付けになって、東北地方の様子を見ていました。

 

被害の膨大さに、多くの人たちが茫然とされていた事はもちろん承知の上でした。

 

また亡くなられた方々に、追悼の意を表したいと心から思いました。

 

東北人のしなやかさ

この信じられないほどの被害の中で私が最も感動したのは、緊急物資の配給を待ちながら辛抱強く黙々と並ぶ人々の列であり、その中でも慎み深い謙虚な姿勢で未曾有の被害を乗り切ろうとする態度、且つ譲り合いの気持ちを示す人達の姿勢でした。

 

その後の長い避難生活の中でも、長い行列、整然とした秩序。お年をめされた方々の気丈夫な中に現れるつつましやかな態度と感謝の気持ちがいぶし銀のように輝いていました。

 

これらに世界が感動しましたが、あの時わたしは、いつかあの人達のところへ行こうと思いました。

何もできなくても、ただそばにいてお手伝いをして、手をにぎって肩を触ってあげられたらと。

そしたら、あの人達の暖かさや強さが私にもきっと伝わって肌に感じられるに違いないと思ったのです。

 

トロントでの募金活動

しばらくは、「おにぎりを売ったり、トロントの真ん中で民謡の踊りを披露したり」トロントで募金運動をする団体等に関わり支援をしました。

そして、翌年カナダから遠野を拠点とした団体の下で4ヶ月ほどボランティア活動をすべく、日本へ行ったのです。

 

 

そしてカナダから日本へ:岩手県の拠点

東日本大震災のボランティア活動地域の状況を調べていた時に、拠点として「TONO」という名前が目につき、なぜだろうと疑問に思っていました。

実際に拠点に着いてみて、その理由がわかりました。

「遠野」は、昔から海と山とを結ぶ交易の拠点で、大槌、釜石、大船渡や陸前高田などの沿岸の被災地とは峠をひとつ隔てただけの近隣の街だったのです。

遠野物語でも知られ、心のゆりかごの様な優しく、且つ厳しい自然に囲まれた所で人々が触れ合う街であり、奥ゆかしさのある街です。

当時東日本大震災の時には、跡形もなく消え失せた沿岸の街の支援にいち早く駆けつけた街でした。

そして、被災地の為にも支援の拠点を作り、行政も沿岸地帯の復興を応援していました。

それぞれの苦労は計り知れないものがありましたが、みんなが出来る事をして被災地の1日も早い復興を願っていたのです。